2017年12月17日

市川ライオンズの年次総会・納会ではチーム再編成を議論


2017年12月16日(土) 市川ライオンズの年次総会・納会ではチーム再編成を議論

市川ライオンズ年次総会・納会が、ヤマザキパン厚生年金会館(千葉県市川市)で行われました。

来季のチーム編成では、「古希CC」が「古希G」という名称に変更され、従来の千葉県連「古希B」(70歳以上)と、来季県連に新設される予定の「グランド古希」(75歳以上)がチーム内に併存する形になります。

私は「還暦B」に本籍地を置きながら「古希G」にも登録して、「千葉県還暦・古希野球連盟リーグ」に所属する「古希市川ライオンズB」に召集されて、試合出場機会数の増大を図ることを狙っています。

もし来季に千葉県還暦・古希野球連盟に古希チームが1チーム増えて14チームになると、7チームづつの2部制になり、「古希市川ライオンズB」は、古希2部から再出発することになるでしょう。

還暦Bの練習が水曜日と土曜日、古希Bの練習が金曜日になり、GOGO80 に参加できるのは月曜日だけになりそうですが、仕方がありません。

また千葉県古希野球リーグの試合日は水曜日ないしは金曜日になりそうなので、ますます忙しくなります。

納会は会館の地下で行われましたが、歓談の後のカラオケでは、H先輩から託された「野球小僧」(灰田克彦)を歌い切り、「六甲おろし」も読売ファンが多い中で、高らかに歌い上げました。

ライオンズBの2次会のカラオケでは、覚えているところでは、「京都去りがたし」(森進一)、「長良川艶歌」(五木ひろし)、「広島の空」(さだまさし)、「浪花恋しぐれ」(岡千秋、都はるみ)、「バスストップ」(三善英史)、「こころ凍らせて」(高山巌)、といったところを歌いました。



posted by yone at 06:16| Comment(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

宝ヶ池球技場テニスコートのすぐそばに「松刀岩上神社」という磐座信仰の神社が

2017年12月14日(木) 宝ヶ池球技場テニスコートのすぐそばに「松刀岩上神社」という磐座信仰の神社が

京大病院を受診した後、何時もの通り、高校の同級生M君の主宰する「上七軒テニスサークル」でテニスを始めましたが、この辺りには北陸の気流が「鯖街道」を伝って流入するので、冷たい雨が降ったり止んだりしています。

足の怪我が回復したM君と組んで、1セットの試合に快勝した後、12:30頃から雨が降り出したので、中止になりました。

15:00過ぎの新幹線まで時間が余ったので付近をぶらりとしていたら、宝ヶ池球技場テニスコートのすぐ北側の斜面に、「松刀岩上(まといわがみ)神社」を見付けました。

ここには自然岩のご神体があるだけで神殿がなく、古代祭祀の磐座信仰の地であったと考えられているそうです。

鳥居横の石柱には「式内 松刀岩上神社」と彫られていますが、式内社の論社のひとつに過ぎず、有力な根拠もないようです。

まだまだ時間があったので、京都市営地下鉄松ケ崎駅の1番出口のすぐ横にある「LA PAELLA」というSpain Bar(バル)で遅い昼食にし、「野菜のパエリアランチ」を戴きました。

このBarの姉妹店である、「Pino」というTrattoriaが2番出口の近くにあるそうですから、次はそっちを訪ねてみようかなと思います。



posted by yone at 07:53| Comment(5) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

ニコライ堂の内部に入ったのは初めてとちゃうかなぁ?

2017年12月12日(火)  ニコライ堂の内部に入ったのは初めてとちゃうかなぁ?

「亜使徒(あしと」(正教会における聖人の称号であり、使徒と等しい働きをした者という意味)である「聖ニコライ」は、1872(明治5)年に函館から東京に移り、新たな拠点として「日本ハリストス正教会教団」を設立しました。

1873(明治6)年に明治政府がキリスト教を解禁すると、布教に励みました。

「東京復活大聖堂教会(ニコライ堂)」は、1884(明治17)年に建設が開始され、1891年に竣工しました。

今まで何度か前を通ったりしましたが、中に入ったのは初めてではないかと思います。

ヴォランティア説明の女性から聞いた話によれば、一般拝観は平成期になってからの事であり、一般拝観者が増えたのはほんの最近だそうですから、頷けます。

15:00から海外旅行の説明会があったので午前中にYさんにテニス練習をお願いした後、13:00から15:00の間を利用して、訪ねてみました。

折角久し振りに東京の街中に出たので、神田のメキシコ料理店「バン蔵(BANGURA)」で昼食にして「牛肉ジャンバラヤ」を戴きましたが、肉汁が満遍なく行き渡って、本当に美味しかったです。

メキシコの遺跡を探訪する旅行が成立しなかったので、料理だけをいち早く試した形となりました。

説明会の後は、京都市立御室小学校の同窓生H君と、東京駅の地下街のおでん屋「羅かん黒塀横丁店」で飲んで、旧交を温めました。

実は11月に京都で古希祝いの同窓会があったものの、千葉県還暦野球リーグ戦の試合が被って欠席したので、現地からメールをもらっていたという経緯があります。

出席者は113人ということなので、卒業生440人(55人x8組)の4人に1人が出席したことになり、多くの人が健康で古希を迎えたことを喜びたいと思います。



posted by yone at 21:58| Comment(2) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

比較的に暖かい今日GOGO80の紅白戦を久し振りに

2017年12月11日(月)  比較的に暖かい今日GOGO80の紅白戦を久し振りに

ここ2・3日の内では暖かくなった今日は、18人近くが集まったので、GOGO80 の紅白戦を久し振りに行いました。

1人20球の打撃練習が一回りしたところで、5回戦制の紅白戦に切り替えました。

守備はセンターを守りましたが、先頭打者をセンターゴロアウトに仕留めました。。

打撃は、センターへ打ち返す練習をしてきたとおりに、センター前に運びました。

試合は、守備はそこそこ堅実でしたが、貧打でもあったので、1-1の引き分けに終わりました。



posted by yone at 18:53| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

GOGO80練習の後に1人カラオケ


 2017年12月4日(月)  GOGO80練習の後に1人カラオケ

先週の金曜日から野球とテニスで4連荘になるので、今日のGOGO80 の練習は打撃中心に力を配分しました。

練習の後は、ランチカラオケを一人で楽しみました。

食事(鍋焼きうどん)にデザート(プリン)とドリンク(ウーロン茶)がついて、1時間のカラオケ代が無料で、支払いは580円というものです。

さだまさしの「逢ひみての」というCDに入った12曲の内、「北の国から’93」、「落日」、「東京物語」、「山ざくらのうた」、「修二会」、「遍路」、「広島の空」を歌いました。

「イーハトーブ」、「時計」、「心斎橋」、「吾亦紅」、「理想郷ニライカナイ」は、探しても見当たりませんでした。

亡妻が聴いていたと思われるCDを、荷物整理の際に見付けたので、今まで車の運転中に聴き流していました。

実際に歌ったのは初めての曲が多かったのですが、7割方は歌えたように思います。

これから絞り込んで、レパートリーに加える曲を選定していきたいと思ってます。



posted by yone at 20:54| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

梶岡杯3日目のドラゴンズ戦では大当たり(年末ジャンボではない)

 2017年12月1日(金)  梶岡杯3日目のドラゴンズ戦では大当たり(年末ジャンボではない)

船橋市から市川市へは横の道が発達していないので、国道14号線とか京葉道路を利用しますが、朝のラッシュ時には、幹線まで出るのが一苦労です。

横の道の選択のしようによっては、1時間半たっぷり掛かったり、1時間ちょっとで到達したりもするので、一種の賭けとなります。

今日の試合は大当たり、先頭打者として、古希Aのエースからホームランを放ちました。

両翼91m、中堅122mの広い球場では、外野を破れば、楽々のホームランです。

第2打席も、2塁手の右を鋭いゴロで抜くヒットで、打点2点目を挙げました。

第3打席はセイフティバントを決め、2盗の後、3盗の勢いのまま、内野安打でホームを衝き、得点2点目を挙げました。

試合は6-4で勝ちました。

帰途にはEさんに教えてもらった馬込沢の矢島酒店に立ち寄って、「播州一献 純米生原酒」(山陽盃酒造、兵庫県宍粟市)を買って帰りました。







posted by yone at 07:46| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

市川ライオンズ梶岡杯2日目は「イーグルス」と対戦

2017年11月29日(水)  市川ライオンズ梶岡杯2日目は「イーグルス」と対戦

2日目は「イーグルス」との対戦を、「国府台球場」(市川市)で9:45から行いました。

今日は14人参加したので、選手の遣り繰りは、比較的楽でした。

レフトの守備は無難にこなしました。

第1打席、センバツ高校野球かつての優勝投手(中京商業、77歳)の速球に2度も空振りしたものの、思いっきり振り切ったので捕手が後逸した間に、振り逃げ(食い逃げ)を達成しました。

しかも1塁手が後逸した間に2塁を陥れました。

第2打席は投二遊間に落ちるポテンヒット、第3打席は投遊間のゴロを内野安打と、決してBeautifulとは言えない当りばかりで、出塁率10割を達成しました。

塁に出ると2盗、3盗を決め、一度は本塁に生還したので、自分の持ち味を発揮できたと思います。

年長者になるとパワーや脚力、肩力は落ちてきますが、その分を技術やワザでカヴァーされているので、そういうワザを盗む好い機会にしたいと思っています。



posted by yone at 16:51| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

サングリーンテニスクラブ朝練チームの忘年会も11月に前倒し

2017年11月26日(日)  サングリーンテニスクラブ朝練チームの忘年会も11月に前倒し

こっちもまた12月になれば、あれやこれやと言い出す者が出てくるから、早めにやってしまおうということで、今日の朝練の後12:00から、いつもの通り津田沼の「百楽門」という台湾料理店で2017忘年会を行いました。

秋に入って週末に雨が多かったので、ストレスが大いに溜まっていましたが、今日はプレイ出来ました。

朝練には通常4人から10人が参加しますが、忘年会にはY監督始め8人が参加しました。

テニス談議は勿論のこと、何故かモンゴロイドを中心とした、民族論に花が咲きました。

私の強力なゴリ押しが功を奏して、久し振りにカラオケに行きましたが、みんな歌うこと歌うこと、やっぱり好きなんやア。

私は、「終止符」(アリス)、「わかってください」(因幡晃)、「心もよう」(井上陽水)、「風の恋盆歌」(石川さゆり)、「精霊流し」(さだまさし)、「イビョル」(パティキム)、「別れの一本杉」(春日八郎)、「弟よ」(内藤やす子)、「酒よ」(吉幾三)、「北の蛍」(森進一)等を歌いました。



posted by yone at 22:37| Comment(2) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

今季最終戦君津サムライとの第2回戦には連敗を喫す

2017年11月25日(土)  今季最終戦君津サムライとの第2回戦には連敗を喫す

先週の第1回戦に続いて、「君津サムライ」との第2回戦を、「中田球場」(千葉市若葉区)で12:00から戦いました。

「緑水レインボー」が2勝7敗1分け(勝率:0.208、得失点差:-10)、「千葉スパローズ」が3勝8敗(勝率:0.250、得失点差:-40)、我が「市川ライオンズB」が3勝6敗2分け(勝率:0.333、得失点差:-24)で、2部残留を競っています。

今日勝つか引き分けるかで5位が確定し、2部残留が決まるところでしたが、1-7で敗れました。

我々の試合の後におこなわれた、「緑水」と「スパローズ」の試合で、スパローズが勝つと、5位が確定しますが、どうなりますか?


posted by yone at 18:09| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

第15回梶岡杯第1戦は「ファイターズ」と

2017年11月24日(金)  第15回梶岡杯第1戦は「ファイターズ」と

「梶岡(かじおか)杯」は市川ライオンズ球団で年末に行われる、元阪神タイガースの梶岡投手を記念して、球団を4つのチーム(ドラゴンズ、ファイターズ、ジャイアンツ、イーグルス)に分けて覇を競う親睦行事です。

私は、なななんと、忌み嫌うチーム名である「ジャイアンツ」に配属されました。

還暦Bチームの世話役に選ばれているので、還暦AチームのIさんと協力して、61歳から85歳までの15人が配属されたジャイアンツを、運営しなければなりません。

当初から参加できない選手や、体調不良等で急遽不参加の選手がおり、打順や守備位置の調整をするために、数日前から電話やメールでの交信が大変です。

今日は「ファイターズ」との対戦を、「国府台球場」(市川市)で9:45から行いました。

梶岡投手に敬意を表して、我が阪神タイガースのユニフォームを着た選手による始球式がありましたが、そのユニフォームは私に寄贈されました。

読売狂いのNさんには、いずれ後楽園球場(東京ドーム)へ、このユニフォームを着て乗り込むと宣言しておきました。



posted by yone at 18:58| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

GOGO80野球クラブの2017忘年会は「ふる里」で

2017年11月18日(土)  GOGO80野球クラブの2017忘年会は「ふる里」で

「君津サムライ」戦から帰宅後、夜は、時間的な余裕を持って「GOGO80野球クラブ」の忘年会に参加しました。

現在会員数は26人を数えますが、13人が参加しました。

平均年齢は73.92歳(今年4月1日現在)、最高齢は83歳ですが、年齢の順に元気とは限りません。

私は下から数えて4番目ですから、若手成長期待株とでも言って欲しい所です。

何を話したかは覚えてませんが、2次会のカラオケでは、「野球小僧」(灰田克彦)、「シルエットロマンス」(大橋純子)、「LOVE IS ALL」(椎名恵)、「愛のままで」(秋元順子)、「PRIDE」(今井美樹)、「飛んでイスタンブール」(庄野真代)、等を歌いました。



posted by yone at 09:34| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

君津サムライとの第1回戦に惜敗


2017年11月18日(土)  君津サムライとの第1回戦に惜敗

何回か雨天順延されてきた「君津サムライ」との第1回戦を、「天台軟式野球場」(千葉市稲毛区)で9:45から戦いました。

3部降格対象となる6位と7位の座を、何とか避けようとして、3チームが最後の戦いを繰り広げています。

緑水レインボーが2勝7敗1分け(勝率:0.208、得失点差:-10)、千葉スパローズが3勝8敗(勝率:0.250、得失点差:-40)、我が市川ライオンズBが3勝5敗2分け(勝率:0.333、得失点差:-22)、と混戦状態です。

君津サムライとの残る2試合の内1勝すれば、2部残留が決まりますが、相手は7勝1敗2分けで、トップを走っている強いチームです。

1番レフトで先発しました。

第1打席はセンター前への「Texsas leaguer」(ポテンヒット)でしたが、1塁手が後逸する間に、透かさず2塁を陥れました。

3進した後、ヒットでホームに生還し、得点1を稼ぎました。

第2打席はランナーを2塁に置いて、美味しい場面でしたが、1塁フライに倒れました。

第3打席は、3塁手が定位置に居たのでバントを試み、投手に処理されましたが成功したものの、2盗は、強肩捕手に阻まれました。

風にも乗った大きなレフトフライを少し後退して捕球したり、遊撃手後方のTexsas leaguer(ポテンヒット)性の小フライを突っ込んで好捕したり、守備面でも結果が出ました。

1回表に2点を先制したものの逆転を許し、2-4で惜敗しました。

今季最終戦になる、来週の君津との第2回戦に、確かな手ごたえを感じた試合でした。



posted by yone at 14:33| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

延命寺には笹川繁蔵や平手造酒、勢力富五郎の墓や碑が


2017年11月12日(日)  延命寺には笹川繁蔵や平手造酒、勢力富五郎の墓や碑が

諏訪大神から歩いて直ぐの所にある「真言宗智山派 笹川山成蓮院 延命寺(えんめいじ)」には、「笹川繁蔵」と「平出造酒(ひらでみき)」の碑や、「勢力富五郎(せいりきとみごろう)」の墓があります。

2017.11.12  (9) (002).JPG

繁蔵の碑の前には双六を模った勝負石が飾られ、「触れると必ずや勝者とならむ」とあるので、緑水レインボーとの試合後ではありますが、「1」の赤丸に触れておきました。

寺の説明板には、「岩瀬氏碣志(けっし) 明治七年 高橋豊子(繁蔵の妻)建之」と書かれています。

2017.11.12 A (3).JPG

碣志というのは難しい言葉ですが、「真四角ではない石碑」といった意味のようです。

岩瀬家は繁蔵の生家で、少し離れた所にある「西福院」が菩提寺です。

東庄町観光ヴォランティアガイドの方の話によると、高橋愛子の位牌は直ぐ近くにある「高橋商店」という食堂にあるそうです。



posted by yone at 08:08| Comment(4) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

笹川諏訪大神には相撲に所縁のある碑などが


2017年11月12日(日)  笹川諏訪大神には相撲に所縁のある碑などが

野球試合の後には、相乗りして試合に通っているEさんを誘って、「諏訪大神」(千葉県東庄(とうのしょう)町笹川。旧社格は「郷社」)を訪ねました。

野球場のすぐ近くにある「えんどう」という川魚料理屋で、「しじみ丼」と「なまず汁」を戴いてから、笹川の市街地に向かいました。

2017.11.12  (3) (002).JPG

境内には「千賀ノ浦土俵場」や、江戸へ出て相撲取りを目指した「笹川繁蔵(ささがわしげぞう)」が建てた、相撲の神様「野見宿禰命(のみのすくねのみこと)」の碑があります。

出羽海部屋の笹川夏合宿が、千賀の浦土俵場で、毎年8月上旬の2週間持たれているそうす。

2017.11.12  (8) (002).JPG

繁蔵は、飢饉続きで困窮する農民救済の為に、奉納相撲や花会を開いていたといわれ、毎年7月最終土曜日には奉納相撲が行われています。

「料亭十一屋( じゅういちや)」(今は跡地)は、飢饉続きで困窮する農民を救済する為に、繁蔵が奉納相撲に合わせて花会を開いた所ですが、国定忠治や清水次郎長達の親分衆が集まったそうです。



posted by yone at 18:48| Comment(2) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

緑水レインボーとの第2回戦は雪辱を果たす

2017年11月12日(日)  緑水レインボーとの第2回戦は雪辱を果たす

「宮野台運動公園野球場」(千葉県香取郡東庄(とうのしょう)町)で、「緑水レインボー」との第2回戦を戦いました。

相手チームのフランチャイズ球場ですが、東関東道冨里ICを下りた辺りでNAVIに歯向かったら道に迷い、結果的に遠回りしたこともあって2時間近く掛かりました。。

両翼82m、センター90m、夜間照明装置もある本格的な球場ですが、外野の芝生がハゲハゲで段差があり、土の露出部分ではバウンドしないし、レフト守備には神経を使いました。

6月24日に行われた第1回戦は、6-14で負けてます。

1番レフトで先発しました。

打撃では4打席に凡退し情けない思いをしましたが、相手の失策にも助けられて味方打線が繋がったので、7点を取りました。

3投手が継投して好投して相手打線を5点に抑えてくれ、野手陣もよく守ったので、7-5で雪辱しました。

この結果、緑水レインボーが2勝7敗1分け(勝率0.208)、我が市川ライオンズBが3勝5敗2分け(勝率0.333)となり、2部残留争いでは有利になりました。



posted by yone at 20:19| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

千葉県古希野球リーグ戦の3塁審判をする羽目に


2017年11月8日(水)  千葉県古希野球リーグ戦の3塁審判をする羽目に

9:45から「福栄スポーツ公園野球場」(千葉県市川市)で、「古希千葉スターズ」対「古希浦安ベイクラブ」の試合が行われました。

この試合の3塁審判を務めました。

「古希市川ライオンズA」の試合が天台軟式野球場(千葉市)であるので、我々「還暦市川ライオンズB」が審判を担当することになりました。

水曜日は練習に参加出来る人が土曜日に比べると少ないので、私も審判として駆り出されたわけです。

審判機会が少ないと勝手に判断して、3塁審判を志願しましたが、実際にやってみると大忙しです。

塁上のクロスプレーはなかったものの、3塁線に鋭い打球が来て、フェアかファウルかの判断には、神経を使いました。

車の中で握りを食べて午後の練習に臨みましたが、しつこい雨が降りやまず練習を諦めたので、近くのファミレスで仲間達と、来季の契約更改に関して意見交換をして帰りました。



posted by yone at 16:51| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

龍源寺から歩いて5分くらいの生家址に「近藤神社」が


2017年11月4日(土)  龍源寺から歩いて5分くらいの生家址に「近藤神社」が

「近藤神社」は、生家宮川家の敷地址に建てられています。

IMG_3626 (2).JPG

「近藤勇生家址」(調布市野水)は、墓のある龍源寺から「人見街道」を西へ歩いて、5分くらいの所にあります。

宮川家は「宗門人別五人組帳」によれば、石高が7石1斗2合で、村では中くらいの階層に属していたようです。

敷地は約7,000uあり、母屋のほかに蔵屋敷や、文庫蔵、乾燥納屋、地下蔵、農具入れ納屋等があったようです。

IMG_3627 (2).JPG

人見街道の向かい側には、「撥雲(はつうん)館」という道場が残されていますが、近藤勇の養子(勇の長兄の次男)である「近藤勇五郎」が始めた道場です。



posted by yone at 08:38| Comment(2) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

野球試合の後は近藤勇の墓のある龍源寺へ


2017年11月4日(土)  野球試合の後は近藤勇の墓のある龍源寺へ

「曹洞宗系単立寺院 大澤山龍源(りゅうげん)寺」(東京都三鷹市大沢)は、新選組局長「近藤勇」の生家宮川家の菩提寺ですが、三鷹大会の実施された野球場から直ぐの所にあります。

1868年(慶応4年)板橋の刑場で斬首された勇の遺骸を、甥の勇五郎や門人達が夜韻に紛れて運び出し、ここに埋葬したとされています。

その首級は京都の三条河原に晒された後、誰かに持ち去られたとされています。



posted by yone at 07:47| Comment(2) | 寺社、宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

第13回三鷹市長杯還暦軟式大会は「三鷹スリーホークス」に破れる

2017年11月4日(土)  第13回三鷹市長杯還暦軟式野球大会は「三鷹スリーホークス」に破れる

「調布市西町グラウンド」(東京都調布市西町)で11:30から、「三鷹スリーホークス」という地元チームと戦いました。

今年使用した野球場も、昨年使用した「大沢総合グラウンド」(三鷹市)と同じ敷地にありますが、この辺りは調布市と三鷹市が複雑に入り組んでいます。

相手は、「東京都還暦軟式野球連盟」2部(9部まであり)在籍の強いチームです。

1番レフトで先発しました。

1回表、第1打席は、初球を打って三遊間内野安打。

3進しましたが、後続の攻撃が続かず、得点には至りませんでした。

第2打席は2ストライクを取られた後、スライダー気味のスローカーブに、敢え無く空振。

第3打席は、初球にセイフティバントを試みましたが失敗したので、ヒッティングに切り替え、センター前に見事に弾き返しました。

すかさず2盗を決めましたが、後が続かず、得点には至りませんでした。

試合は1-8で敗れました。

相手投手に牛耳られて、我がチームの打ったヒットは6本に過ぎなかったのですが、その内私が2本打ったのですから、自分を褒めてやりたいと思います。

相手チームもヒット数は8本に過ぎないので、四死球やエラー数が勝敗を分けたと言っても、過言ではないようです。



posted by yone at 19:51| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

「市原クラブ銀杏」には雪辱を喫す


2017年10月28日(土)  「市原クラブ銀杏」には雪辱を喫す

まあ言わば、我々のフランチャイズ球場である「福栄スポーツ公園野球場」で、「市原クラブ銀杏」との第2回戦を12:00から戦いました。

第1回戦は、4月29日に、3-1で勝利しています。

10番レフトで先発しました。

1番のプレッシャーから逃れて、伸び伸びと打てるようにとの監督の配慮の結果であり、1番バッターに繋ぐ役割を担っています。

第1打席は、ピッチャーゴロに倒れました。

第2打席は、バントを試みましたがキャッチャーゴロになり、惜しくもアウト。

第3打席は、1・3塁からセンター前にライナーを撥ね返し、打点1を挙げました。

すかさず2盗を決め、続く打者のセンター前ヒットの間に2塁から生還し、得点1を挙げました。

試合は、7回裏に5点を返す猛反撃も及ばず、6-8で敗れ、雪辱を喫しました。



posted by yone at 18:53| Comment(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする